GOOGLE MAP最適化 (MEO対策)

Googleマップ最適化(MEO)とは?

MEOとは「Map Engine Optimization」の略称で、「地域名」+「業種・業態」というキーワードで検索した際に、Google検索結果の上位に表示される【Googleマップ枠に貴社の屋号を表示するために行う最適化施策となります。

貴社屋号がファーストビューに配置されるため、

ユーザーへのアプローチ効率が向上

MEOのメリットは?

Googleのアルゴリズムの一つである「ヴェニスアップデート」により、MEOによる集客が注目を集めています。

このアルゴリズムは、スマートフォンやタブレットなどの接続時のIPアドレスからGoogle検索エンジンが自動的に位置情報を検知し、検索した場所に最適な検索結果に変更するものです。

例)渋谷にいるユーザーの場合

地域名を入れずに「歯医者」と検索

MEO対策はスマホとの親和性が高く、

商圏内での競争の優位性が期待できます!

リスティング広告やSEOとの比較

MEO枠は「広告枠」の直下、「SEO枠」よりも上位に表示され、地図表示による視認性の高さからユーザーの目視率も高く、貴社屋号の様々な情報に直接アクセスできるため高い費用対効果が期待できます

広告枠


広告主が入札制度によって枠を購入するため、キーワードによっては高額になる場合も。「広告枠」と認識しているユーザーも多い敬遠されやすい。

               MEO枠

広告枠の次、通常検索結果よりも上位に表示されるため目視率が高い。地図、住所、電話番号、経路、HPなどへアクセスが可能なため、高い費用対効果が期待できる。

           SEO枠

広告枠と同じく、競合するキーワードの場合に対策自体が困難、かつ費用も高額になる場合が多い。上位表示できた場合でも、広告枠、MEO枠よりも下位に表示される

高額・高難易度である他の広告手段よりも
高い費用対効果が期待できます!

効果測定・費用対効果の検証が可能

MEOによる効果はGoogleマイビジネスの管理機能ツール「Googleインサイト」にて確認することができます。

「合計表示回数」「検索経由・マップ経由の表示回数」「通話数」などのアクセスデータの確認が可能です。

MEOによる反響を可視化でき、
効果測定、費用対効果の検証を行うことが可能です!

MEO対策の流れ

1.Googleマイビジネスにオーナー未登録の場合 

貴社にてビジネスオーナー登録をいただき、その後弊社対策用Googleアカウントに管理者権限を付与ください。

2.Googleマイビジネスにオーナー登録済みの場合

弊社の対策用Googleアカウントに管理者権限を付与していただきます。

3.対策キーワードの選定

どのキーワードにて対策を行うかを決定します。(2ワード)

 4.初期設定(セットアップ)

弊社にて『ビジネス名』『カテゴリ』『営業時間』『電話番号』『ウエブサイト』等の情報設定を行います。

 5.ビジネス情報の編集・最適化

ビジネス情報の最適化を行います。(写真の追加・口コミ投稿・他サイトとの整合性チェック etc)

※ 対策に関しましては良識の範疇にて行い、内容に問題が御座いましたらすぐに該当箇所の削除、修正対応いたします。

お問合せはこちらから。